辛い足のむくみに「ながら」でできちゃう足マッサージ!

  • シェア
  • twitter

こんにちはキラナライフ美活サポーターのいきみまりなです。
皆さんは、むくみといえばどの部位を思い浮かべますか?手や顔、腕、お腹、様々な部位がある中で、1番最初に連想するのはやはり足ではないでしょうか?
足は心臓から1番遠いため血液が戻る力が弱く、重力によって血液が下に落ちがちです。
また、他の体の部位に比べ、靴の圧迫感や、靴下の跡などでむくみを自覚しやすい分、気になりやすい部位だと思います。
ですが、毎日むくみや足の疲労を取るためにマッサージを行うのは、仕事や家事でヘトヘトな体にはとても辛いですよね。
なので今回は、テレビを見ながらでもできるむくみ&疲労取りに活用できる道具をご紹介していきたいと思います。

 

前回のブログでは、体がむくんでしまう仕組みについてご紹介しました!

前回のブログ
⬇︎
どうしてむくむ!?意外と知らないむくみの原因|3選|」

 

テレビを見ながらできる簡単むくみ解消道具3選

足裏は1番体重の負荷がかかる所なので、気がつかないうちに凝り固まっていることがあります。
凝っていると血の巡りが悪くなり、水分(老廃物)が溜まっている状態になってしまうので、悪い血や水分(老廃物)を心臓に戻してあげるためにも、足裏の凝りをほぐしてあげましょう。

ゴルフボール

ゴルフボールは手のひらに収まる程度の大きさなので、指でのマッサージと比較的近い刺激を足裏に与えることができます。しっかりとした硬さがあるので、踏んでも壊れる心配がありません。
しかし、その硬さのため 、慣れていない方だと初めはとても痛いと思います。土踏まずや中指と薬指の間など、痛い、もしくは気持ちいい所を狙って踏んだり転がしたりしてみましょう。あまり強く刺激しすぎると筋肉が傷ついて、揉み返しなど痛みが生じる場合があります。
あまりに痛い場合は、足にかける体重を軽くしたり、椅子に座って体重があまりかからないようにしたりなど、徐々に慣れていくようにしてください。

めん棒

ある程度の強度があるものであれば、めん棒に限らずどんなものでも大丈夫です。(円柱の木材など)
それを床に置き、足裏で踏んで、前へ後ろへと転がして凝りをほぐしていきましょう。凝っている方はゴリゴリとした感覚がするはずです。この方法もゴルフボールと同様に強すぎない程度に行なっていきましょう。めん棒はゴルフボールと違い、足裏と触れる面積が多い分、痛みは少ないです。
また、長さのあるめん棒だと、ふくらはぎや太もものマッサージに使用することもできます。
足裏のマッサージが終わり、足先が温まってきたら、足首から膝裏に向けてめん棒を転がしてふくらはぎのマッサージをしましょう。ふくらはぎのマッサージを終えたら、膝裏です。太腿
も同様に下から上に転がしていきます。この3ステップを行うと足に溜まった老廃物や血液が心臓に流れていきます。
(下から上へあげることが重要です!上から下にはめん棒を転がさないようにしましょう!

青竹

昔から親しまれている青竹踏みは、現在100円ショップなどでも売られています。
使用する青竹は従来の何も付いていない竹や、よく見かけるプラスチック製のツブツブが付いたものでも良いです。
まずは青竹を1日5分から10分程度踏み続けましょう。全体重が足裏を刺激するので、最初は痛いと思います。
足踏みをすることで足全体を動かすので、足裏だけでなく、全体的な血行が良くなります。

最後に

あまり足を使わない方はむくみやすくなりがちです。トイレ休憩など、仕事の合間に屈伸や足首回しなどを行って積極的に足を動かしていきましょう。

全体的に足に触れる面積が小さいものに全体重を乗せるため、最初は痛いとは思いますが、慣れてくるとだんだん足が温まってきて、ほぐれるため気持ちよくなってくると思います。その状態になったら足首を回しましょう。末端に溜まった血液が心臓に戻っていくので、むくみを緩和させることができます。
ツボが刺激されることで、食欲不振の緩和、眠りの質向上、足の疲労回復にも一役買ってくれますよ!
めん棒や青竹は100円ショップでも販売されているため、簡単に購入することができます。
歯を磨き「ながら」、テレビを見「ながら」足裏を刺激して足のむくみや疲れを解消しましょう。

どうしてむくむ!?意外と知らないむくみの原因|3選|

辛い手のむくみとはおさらば!仕事の合間にこそっとマッサージ

腰痛や肩コリ、疲れ目の解消にも♪簡単アロマの温湿布

 

The following two tabs change content below.
いきみまりな
キラナ美活サポーターのいきみまりなです。社会人デビュー後、綺麗な女性を目指し日々精進・勉強中です!GENPRESS(ジェンプレス)では、主に商品のデザイン制作やキラナ通信のイラストを担当しています。 自分の好きなことを仕事に活かすことで、やりがいを感じております。ここではすべての女性に向けた、お役立ちコンテンツを発信していきます!

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!