フルーツと市販品で!簡単5分プリン・10分ムース作り♪

  • シェア
  • twitter
おはようございます!1月も今日で終わりですね。キラナ美活サポーターの中島ゆきです。
明日から2月に突入ですが、2月と言えば全国のガールからレディまでが心を躍らせるイベント・バレンタインデー!…とはいえ私にはそこまでご縁がないのですが(笑)それでも街中にあふれる甘い香りとハートの飾りつけを目にするとなんだかウキウキしてしまいます。

◆・.。。.・◆・.。。.・◆・.。。.・◆・.。。.・◆・.。。.・◆・.。。.・◆・.。。.・◆・.。。.・◆

この時期に友人ママたちから聞こえてくるのが「娘がスイーツを手作りしたがってるんだけど…」
微笑ましくこぼすときもあれば、眉間にシワが寄るくらい悩んでいる場合もあります。仕事と家事をバリバリとこなすママたちにとって、お菓子を「教えながら作る」時間を探すのも実は大変なんですね。

そこで!大人が作って「片づけ時間を含めて5分のプリン」と、「生クリームさえ泡立てられれば10分でチーズムース」をご紹介します。(はっ(゚Д゚;)!冷やす時間は入っていません)どちらも市販のお菓子を使ったアレンジですが、幼稚園児の友人娘も喜んでくれていたので、小さなお子さんにも「手作り感」を味わってもらえると思います。
なによりも追及したのは、ママの時間短縮。
母娘で気軽に楽しんでもらえると良いなぁ~♥と思いながら作りました(´-`)

*パパやおじいちゃんにも食べて欲しい、和菓子もありますよ!

目次

  • 「マシュマロ」が必須!
  • 今回の果物は「いちじく」
  • 片づけ時間を含めて5分のプリン2種
  • 生クリームさえ泡立てられれば!10分でチーズムース
  • おまけのいちじくの寒天
  • まとめ

「マシュマロ」が必須!

 ご紹介するレシピの材料にマシュマロがありますが、その主な原料はゼラチンと卵白と砂糖。粉や板のゼラチンをふやかして湯煎で溶かして…という手間を一挙に解決できる素敵なアイテムです。
使用したのはノーマルの白いマシュマロですが、味付きや色付きのものを使用してもバリエーションが簡単に広がりますね。

今回の果物は「いちじく」

たまたまですが、時期的に非常に貴重ないちじくをいただきましたのでこちらを使用したいと思います!いちじくには食物繊維のひとつであるペクチンが豊富に含まれているんですよ。
いちじく(ペクチン)についてはこちら↓
「いちじくをおいしく食べるための予備知識|ペクチン編」

女性にとって食物繊維はとても重要なもの。余計なものを排出するためにも摂取したいですね。ですが日持ちがしないことでも有名ですので、とりあえずいただいた半分をジャムにして今回のムースに使用しています。(プリンと寒天は生いちじくで作っています。)

もちろん市販のフルーツジャムでも代用できますから、お好きな味で試してくださいね。

片づけ時間を含めて5分のプリン2種

5分って…(‘ェ’;)
最初から自分の首を絞めている気もしますけれど(笑)本当に簡単なフルーツプリンとチョコフルーツプリンの2種です。

■材料(2個分)
マシュマロ…2個
ぷっちんできる(底にツメがついている)プリン…2個
刻んだ果物(ジャム可)…大さじ2
板チョコ…10g

■作り方■
①2つの耐熱容器にプリンを1個ずつ入れ、1つにマシュマロ・1つにマシュマロと板チョコを入れる。
②600Wの電子レンジで50秒加熱 *様子を見ながら調整してくださいね。
③溶けたら果物(ジャム)を加えてしっかりと混ぜ、プリンを取り出した容器にリリース。
④プリンを冷蔵庫に入れたら、調理に使った耐熱容器などを洗って食器棚へしまいましょう♪

*レンジから出した直後は容器が熱くなっています。お子さんが扱う場合は充分注意してくださいね。

お子さんと一緒に作っても10分もかからない簡単レシピです♪
ポイントは2つ。マシュマロをちゃんと溶かして混ぜることと、生の果物は水分が多いので大量に入れないこと。しっかりと固まったら、お皿にぷっちんしてデコレーションを楽しんでくださいね。

生クリームさえ泡立てられれば!10分でチーズムース

使用するジャムに前述のペクチンが入っている場合は、生クリームと一緒にジャム大さじ1をホイップしてみましょう。泡立てがとても楽になりますよ。

■材料(4~5人分)
マシュマロ…20個
クリームチーズ…150g
牛乳…50ml
生クリーム…200ml
ジャム…150g

■作り方■
①生クリームにジャム大さじ1を入れ(ペクチンが入っている場合)、6~7分に泡立てる。
②耐熱容器にマシュマロとクリームチーズを入れて電子レンジで1分加熱する。
③一旦取り出して混ぜた後、更に15秒加熱 *様子を見ながら調整してくださいね。
④完全に溶け混ざったらボールにうつし、牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。

⑤なめらかになったら、残りのジャム・泡立てた生クリームを加えてムラのないように混ぜる。
⑥ボールのまま冷蔵庫に入れ冷やし固めましょう。

*プリンよりもレンジにかける時間が長いので、容器と中の生地の熱さには充分にご注意ください!

ポイントはプリン同様よく混ぜることと、④の牛乳を少しずつ加えること。ダマになってしまうので、必ず少しずつ混ぜ合わせてくださいね!
こちらはスプーンですくって食べる柔らかさとなっています。器に盛って召し上がってください。ケーキ型などに流し込んでしっかりと固めたい場合には、マシュマロを5~10個くらい追加してくださいね。チーズの裏ごしも必要ありませんし、ジャムを替えたりチョコレートの追加(②でどうぞ!)でアレンジも簡単です。

オトナアレンジ

ジャムではなく鮭フレークやアンチョビなど入れる(⑤でどうぞ!)と、ワインのお供にもぴったり。マシュマロの甘味がありますので味見をしながら塩気を調節してください。
フワフワのムースにクラッカーと生ハムなどを添えて、おとなの時間もお楽しみください★

おまけのいちじくの寒天

マシュマロはかなりの万能選手ですがゼリーを作るには固さがすこし頼りないので、こちらも簡単!粉寒天を使用した「いちじくの寒天」のおまけレシピです。火を使いますので、こちらはママに作っていただければと思います。
甘いものや乳脂肪が苦手なパパ&おじいちゃんたちもどうぞ。

■材料(500ml耐熱保存容器1個分)
粉寒天…1包(4g)
水…400ml
砂糖…大さじ4
刻んだ果物(ジャム可)…200g
*ジャムを使用する場合は、砂糖の量をお好みで調整してくださいね。

■作り方■
①小鍋に水と粉寒天を入れ、中火にかける。
②沸騰したら弱火にして2分程度かき混ぜながら、完全に粉寒天を溶かす。
③砂糖・果物(ジャム)を入れてかき混ぜる。
④耐熱容器(タッパ等)に流しいれ、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

寒天は常温で固まりますので、熱いうちに容器へ移してくださいね。
あっさりとしたやさしい味なので、こしあんを加えて(③でどうぞ!)水ようかんにしても◎。果物やアイスであんみつ風もオススメです。

まとめ

いかがでしょうか。全てを同時進行できるくらい本当に簡単なレシピばかりです。
各項目にも書きましたが、どれもアレンジの伸びしろ「大」ですので、お子さんと一緒にあれこれ試しながら作ってもらえればと思います。チョコチーズムースはバレンタインにもぴったりですよ♡

最後まで読んでいただいてありがとうございます(´▽`)

The following two tabs change content below.
中島ゆき

中島ゆき

AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー公益社団法人 日本アロマ環境協会
キラナライフ美活サポーター中島ゆきです。【AEAJ公益社団法人日本アロマ環境協会認定】アロマテラピーアドバイザー・アロマハンドセラピスト。【一般社団法人メイクセラピストジャパン認定】メイクセラピーガイド。 忙しい女性のための、楽しく簡単な耳寄り美容情報をお届けできればと思います♡、得意分野はアロマ・食べ歩き・車に関すること、ネイルと世界遺産も大好きです。頑張る女性に多い「ストレスや悩み」の解消に、少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!