寒さに負けない冷えとり法

  • シェア
  • twitter

こんにちは。キラナ美活サポーターのいきみまりなです。
9月も終盤に差し掛かり、冷え症の方には辛い季節になってきたのではないでしょうか。
今回は冷えによって引き起こされる体の不調や、冷え症の方必見の冷えとり方法などをご紹介していきたいと思います。

冷えについて

冷え症は女性に多く、に1人は冷え性だと言われています。 
・手足の末端が冷える
・頭痛・肩こり
・頻尿・下痢
・月経不順・月経痛
・気分の落ち込み・疲れやすい
などなど…この症状に心当たりがあるのではないでしょうか?

冷えの症状をほったらかしにすると子宮や卵巣の機能を停止させ不妊を招いてしまう恐れもありますし、免疫力を低下させて風邪をひきやすい体になってしまいます。
そして実は頭皮にも問題が生じてしまいます!
冷え=血行不良なので、頭皮まで血液が流れにくくなると、髪の毛に栄養が行き渡らないため細く抜けやすい髪に育ってしまい、それを放置すると徐々に薄毛になってしまいます。
なので、体の冷えを放置せずにしっかりと解消していくようにしましょう!
体はお腹が冷えると、体温が低下していると判断して、末端の熱を中心に集めようとします。なのでまずはスカートではなくパンツを履いてお腹を冷やさない格好をしましょう。
スカートを履く場合はストールや、羽織りものを一緒に着ると体温調節がしやすくなりますし、タイツを着用するのも保温効果が望めます。

冷えとりの方法

・固まりやすい肩のコリをほぐす


肩や肩甲骨周辺はコリやすく、血流が滞りがちです。なので時々肩をグッとあげてストンと落とすストレッチを行うと、肩の緊張がほぐれリラックス効果も期待できます。

・指のマッサージ

末端が冷えているのであれば、肩のコリをほぐして血液がスムーズに流れるようした後に、指を揉み込むマッサージをすると良いでしょう。また、ハンドクリームなどを使うと乾燥対策にもなります。

①クリームを手のひらで温める
②手の甲全体を擦りながら塗り込む
③指を1本1本引っ張りながら塗り込む
④関節のしわ、爪周りは指の腹で少しグリグリしながら
⑤両手を組んで指の間にもなじませる
⑥親指と人差し指の間を揉む

普段書きものをしている人や、よく手を使う人は、手のひらの小指下から手首までの筋肉が凝っている可能性があるので、そこも含めてマッサージするのをオススメします。

・少しぬるめのお湯にゆっくり浸かる

夏は38度~40度、冬は40度~42度で20分程度ゆっくり浸かりましょう。
全身が温まることで代謝が良くなり、体の老廃物も流れ出ていきます。また、好きな香りの入浴剤やアロマを焚くとさらにリラックス効果が高まり、自律神経を整えてくれます。

・お風呂上がりのストレッチ


ストレッチで筋肉をほぐすとコリや腰痛、血流が良くなるためむくみにも効果があります。
体が痛くない程度に伸ばしたりしましょう。
運動に慣れていない方でも手軽にできる冷えとり法です。

さいごに

血流をよくすると、体の中の毒素や老廃物が流れていくので、むくみや顔のくすみなどに効果があります。
これからどんどん寒くなってきますので、しっかりと冷え対策をして毎日を暖かく過ごしましょう!

〈参考〉
渡邊賀子『オトナ女子のための”ホッ”と冷えとり手帖』株式会社主婦の友社,2017

腰痛や肩コリ、疲れ目の解消にも♪簡単アロマの温湿布

いきなり頭痛への応急処置マッサージ

 

The following two tabs change content below.
いきみまりな
キラナ美活サポーターのいきみまりなです。社会人デビュー後、綺麗な女性を目指し日々精進・勉強中です!GENPRESS(ジェンプレス)では、主に商品のデザイン制作やキラナ通信のイラストを担当しています。 自分の好きなことを仕事に活かすことで、やりがいを感じております。ここではすべての女性に向けた、お役立ちコンテンツを発信していきます!

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!