肌の老化の原因は紫外線だった!|紫外線予防は日焼け止めと保湿で

  • シェア
  • twitter
みなさんは日々、紫外線がどれほどお肌に影響を及ぼしているか知っていますか?
「なんとなく日焼け止めは塗っているけど…保湿はしているけど…実際肌の老化にはどれくらい影響しているの?」という方がほとんどだと思います。
今回は、日焼け止めと保湿を使った紫外線の予防法についてくわしくご紹介します。大切なお肌を正しい方法で保湿し、老化を防ぎましょう!

「肌の老化」80%は紫外線が原因!

紫外線が肌の老化を促進させる現象を、「光老化」といいます。
これには活性酸素というものが関係しており、紫外線をたくさん浴びることによって活性酸素が過剰に発生し、お肌の老化を早める、というのです。
光老化についてはこちらからどうぞ!
老化肌の80%が光老化⁈知らないと損する紫外線の話(その1)

私たちは普段、知らず知らずのうちに大量の紫外線を浴びているのを知っていますか?
何気なく外に出るだけでも、紫外線は私たちのお肌を刺激しているのです。
紫外線の種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事からどうぞ!
紫外線の量と反射率とは?知らないと損する紫外線の話

日焼け止めで紫外線カット!肌の老化を予防しよう

紫外線による老化を防ぐためには、日焼け止めの塗布が必須です。
数時間おきにこまめに塗り直して、効果を持続させなければなりません。

しかしここで頭を悩ませるのが、店頭に山のように並ぶ日焼け止めクリームの種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからないということです。
パッケージによく書いてあるのが、SPF/PAという表示。皆さんはこれがなんだかご存知ですか?この数値が高ければOKと思っている方も多いのではないでしょうか?
実はその選び方はお肌に負担をかけているかもしれません。ここではSPF/PAについて少し詳しくお話します。

紫外線予防に必要な日焼け止めは「SPF10」で十分!?

SPFとは、UV-Bへの防御効果を示す紫外線防御指数のことです。
紫外線B波によりお肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を防ぐ指数のことで、簡単に言えば紫外線を防御する時間の目安です。

◇例
素肌の状態で紫外線を浴びたときに、20分で肌が赤くなる人がSPF10を塗った場合。
20分×SPF10=200分
つまり、3時間程度の防御が可能ということになります。
※UV-Bについてはこちらをご参照ください。

SPFは、数値が高いものほどお肌に負担がかかります。一方で防御率はSPF10で90%程度とされており、それ以上SPFの数値が上がっても防御率はほとんど変わりません。
「あれ?」と思いませんか?ここでお伝えしたいことは「本当にそんなに高いSPFが必要ですか?」ということです。
特に日焼け止めを塗って肌が「ピリピリする」というような敏感肌の方は、SPFの高さだけではなく「使用する場所」や「目的」に応じて、お肌への刺激を考慮することをおすすめします。

▽紫外線対策に必須な日焼け止めの表記について、こちらの記事で詳しく解説しています。
日焼け止めのSPF/PAとは?知らないと損する紫外線の話
▽また日焼け止めは、シーンによって使い分けることが大切です!こちらで解説しています。
「日焼け止め」の選び方はシーンで違う!?

老化を防ぐ日焼け止めの塗り方

ここでは一般的に使用率が一番高いとされる「クリームタイプ」の日焼け止めの
正しい使用方法についてご紹介します!

◇効果的な日焼け止めの塗り方


提供元:環境省(紫外線環境保健マニュアル2015)
URL:https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

まずは日焼け止めの説明書を読んで、使用量を確認しましょう。日焼け止めは汗や摩擦によって、UV効果が薄れることがあります。一度塗ったからといって安心せず、紫外線対策のためにこまめに塗り直すことが大切です。またその際は、クレンジングシート等で一度ふき取ってから塗り直す方が、さらに効果的といわれています。

◇「しみ・ソバカス」が現れやすいポイントには

「しみ・ソバカス」が現れやすいポイントには重ね塗りがおすすめ!
頬からこめかみ部分は、紫外線の影響を受けやすいことがわかっています。できれば「重ね塗り」をしてしっかり紫外線予防をしましょう!テクスチャーが固めの「スティックタイプ」の日焼け止めは、重ね塗りにとても便利です。ぜひお試し下さい!
日焼け止めの種類と特徴はこちら

◇塗り忘れに注意!

「さまざまな角度から紫外線を浴びている」ということは以前にご紹介しました。(※詳しくはこちら)
日焼け止めを塗るときに意外と忘れてしまいがちなのが「あごの下」です。
反射光による日焼けを防ぐためにも、あご下・首元にも忘れずに塗りましょう!
そして「シミ」はお顔だけに出るわけではありません。耳のうら・襟足も露出している部分なので、塗り忘れのないようにしましょう!

◇さらに紫外線バリア効果を高めるには?

日焼け止めを塗った後、ファンデーションやおしろい(お粉)などの「粉体」を重ねることでバリア率がUP!おしろいのようなパウダーはブラシで下から上にクルクルと円を描きながらのせることで、うぶ毛の隙間まで粉が行き届きしっかりと紫外線を防ぐことができます。

老化を止められる!?保湿のポイント

保湿が美肌を保つ上で大事だというのは、みなさんご存知かと思います。
その中でも、洗顔後の保湿がお肌の乾燥状況を左右することを知っていましたか?


洗顔後は、お肌の水分を保つ働きをするNMF(天然保湿因子)が流れ出すため、乾燥が進みます。いかに素早く保湿をするかが重要なポイントとなります。
とくに、お風呂上りは要注意!肌の温度も高く、湿度が一気に下がるので最も乾燥しやすい時間帯です。素早くケアしましょう。

また、乾燥が激しくお化粧のノリが悪い方は、朝の歯磨きの時間や、髪をセットする時間などの隙間時間を利用して「ローションパック」をするとお化粧のノリがよくなります。
お肌にツヤがない方は、夜のオイルパックがおすすめです!まずは美容オイルをたっぷりつけて軽くマッサージします。その後、ラップでお顔を覆います。(もちろん、息ができるようにしてくださいね)その上に、蒸しタオルを乗せて30秒。あとはやさしくふき取り、いつものケアをすると肌にツヤがもどりますよ。

体外からも肌の保湿を!オススメケアの紹介♪

乾燥している肌が紫外線を浴びると、普段以上に紫外線が肌の内側に入り込みやすくなります。
乾燥肌を防ぐために、外側から保湿を行うことももちろん大切ですが、体内からケアしてあげることも同じく重要です。
下記の記事では、乾燥肌・肌荒れを防いでくれるオイル5種について紹介しています。
詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!→肌荒れ改善に!美肌を作るオメガ3系脂肪酸を含むオイル5選

さらに、お化粧の際に保湿もしてしまおう!というなんとも便利なアイテムも存在します。そんな肌を保湿してくれる女性の味方♡なコスメについては、こちらからどうぞ!
肌を保湿するスキンケアとコスメでしっとり保湿肌になる方法

まとめ

今回は紫外線対策には欠かせない、日焼け止めと保湿についてお話しました。
老化を防ぎいつまでも綺麗な肌を保つためにも、保湿と日焼け止めでしっかりと対策したいですね!

The following two tabs change content below.
滝沢 きり

滝沢 きり

キラナライフキュレーター
美容・健康キュレーターとして、毎日がより楽しくなる最新の美容情報をお届けしています。「美容を味方につけることで、女性はいくつになっても輝ける」をテーマに、誰でも挑戦しやすい美容、健康法を様々な切り口からキラナライフにて、随時発信中です♡《趣味》スキンケア・お灸

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!