安心手作りおやつ♡砂糖なしでもおいしい甘酒スイーツ3選

  • シェア
  • twitter

おはようございます!キラナ美活サポーターの永野まいこです。
最近“甘酒愛”が止まらない日々を過ごしています。先日のブログで“飲む美容液”といわれる甘酒の効果・効能と、60℃発酵・低温発酵という2通りのつくり方についてお伝えしました。今回はそんな甘酒を使うからこそ簡単にできる“砂糖不使用のスイーツ”をご紹介します。

前回のブログはこちら
>>低温発酵でもっと楽しめる?飲む美容液“甘酒”の世界

目次

  • 甘酒の白玉だんご
  • 甘酒の蒸しパン
  • 甘酒のフレンチトースト
  • まとめ

甘酒の白玉だんご


もっちり食感のおいしい白玉だんごも砂糖不使用で作れます♪春にぴったりの和のおやつです。きな粉をかけていただきましょう♡

{材料}4人分(16個くらい)
白玉粉…150g
甘酒…大さじ4
水…90ml
きな粉(無糖)…適量

{作り方}
1.ボールに白玉粉を入れて、水と甘酒を混ぜ合わせたものを少しずつ流し込みながらヘラで練ります。
2.全体がまとまってきたら手でこねます。耳たぶ程度の柔らかさになればOK。
3.2を一口サイズ(16等分)のお団子状(または平らなお餅状)にして、沸騰したお湯の中に入れて茹でます。
4.白玉だんごが浮き上がってきたら、ザルに上げて冷水にさらします。
5.器に盛り付けて、きな粉(無糖)をかけていただきます。

あんこを添えても、きび糖・みりん・しょうゆでみたらしのタレを作ってもGOOD♪

甘酒の蒸しパン


甘酒の力でモチモチふわふわの蒸しパンに!自然の甘さでほっこりするおいしさに。カラダにやさしいおやつです。

{材料}(マフィン型6個分くらい)
甘酒…120ml
薄力粉…100g
ベーキングパウダー…小さじ2
水…100〜120ml

{作り方}
1.薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜて、ふるいにかけておきます。鍋にお湯を沸騰させて、蒸す準備をしておきましょう。
2.1の粉類と甘酒を混ぜ合わせ、水を100mlを加えながら、練らないようにさっくりと混ぜます。(固いようだったら水を少しずつ加えて調節)
3.2をマフィン型などに流し入れ(ふくらむので容器の7〜8分目までが目安)、蒸し器に並べて強火で13~15分蒸します。

抹茶やシナモンなどのスパイスを混ぜたり、フルーツや桜の花の塩漬けをトッピングしたり、アレンジも楽しんでくださいね♪

甘酒のフレンチトースト


フレンチトーストは、ついつい砂糖をたっぷり使ってしまいがち。甘酒で代用すると、やさしい甘みに仕上がります。

{材料}(3人分)
食パン…3枚
バター…適量
A(卵液)
甘酒…200ml
豆乳(または牛乳)…100ml
卵…2個

{作り方}
1.ボウルにの卵液を入れてよく混ぜ、1/4に切った食パンをひたします。
2.フライパンにバターを入れて熱して溶かし、1を並べて弱火で両面をこんがりと焦げ目がつく程度に焼きます。

ボウル以外にもジッパー付き密閉袋に卵液とパンを入れて染み込ませてもOK♪甘みが足りないなという場合は、お好みではちみつをかけてください。

まとめ

いかがでしたか?
ほかにも、甘酒+炭酸水甘酒+ヨーグルトもお手軽かつおいしくておすすめです♪わたしは朝、豆乳と混ぜて飲んでいます。


桃やバナナ、イチゴ、キウイ、トマトなど、お好みのフルーツや野菜とミキサーで混ぜてスムージーとして飲んだり、凍らせてシャーベットにしてもおいしいですよ☆
自然な甘みで健康と美容の強い味方になってくれる甘酒。ぜひ日常に取り入れて甘酒ライフをお楽しみください。

低温発酵でもっと楽しめる?飲む美容液“甘酒”の世界

The following two tabs change content below.
永野まいこ

永野まいこ

GENPRESS(ジェンプレス)広報
カレーの食べ歩き・蔵めぐり大好き GENPRESS(ジェンプレス)広報ウーマンこと永野まいこです。過去の出版社での経験を生かし、キラナ美活サポーターとして日々学びを深めながら「美と健康」のお役立ち情報を発信しています♪ 趣味はスパイスカレーの食べ歩き、ヨガ、写真です!最近はカラダにいいおやつに夢中です♡

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!