役立つ自分の『パーソナルカラー』【簡単診断編】

  • シェア
  • twitter
おはようございます!キラナ美活サポーター・メイクセラピーガイド(こっそり)の中島ゆきです。
メイクセラピーとは、依頼者の希望に沿った『印象を変えるメイク』を施して自分に自信をもってもらうことを目的とする療法なのですが、普段メイクに使用する色をみなさんはどのように選ばれていますか?

今日は自分に似合う色・パーソナルカラーについてのお話です。超簡易的ではありますが診断ができる質問つきですので、興味のある方はお進みください♪

目次

  • 【パーソナルカラー】とは
  • 【パーソナルカラ―】対比効果
  • 【パーソナルカラー】診断
  • 【パーソナルカラ―】おすすめメイク
  • いかがでしたか?

【パーソナルカラー】とは

先日 部署内でパーソナルカラー診断した結果、似合う色(診断結果)と好きで使っていたアイシャドーの色が全く違うことにショックを受けていた女性がいました。が、不思議なことにまわりの女性たちは口をそろえて「似合う色だよ」と太鼓判を押す結果に。
これが、その人の肌や瞳の色・質感にマッチした似合う色、自分の好みとは必ずしも一致しないパーソナルカラーと呼ばれるものです。

【パーソナルカラ―】対比効果

自分の肌色や瞳、髪の色を、より美しく見せてくれる効果があるパーソナルカラー。
これは他の色に影響されて、実際の色とは違って見える現象 対比効果によるものです。

明度対比

中央はまったく同じ色です。見比べた時に、左の黒枠の方が中の肌色が明るく感じる方が多いのではないでしょうか。
隣接する別の色によって、感じる色の明るさが影響されることを明度(色の明るさの度合い)対比と言います。

彩度対比

今度は同系色ですが鮮やかさが違う色に囲まれた肌色です。外が鮮やかな水色に囲まれた右側は、中央の肌色がくすんで見えませんか?
隣り合う色が鮮やかであればくすんで見えて、逆に周りの色がくすんでいれば鮮やかに見える。この現象を彩度(鮮やかさ)対比と言います。

色相対比

今度はいかがでしょうか。どちらの肌色が明るく、きれいに見えますか?

赤と緑はそれぞれの補色で、お互いの色を引き立てあう関係色です。赤色に囲まれた肌色は緑かかって、また緑色に囲まれた肌色は赤みがかかって見えることがあります。
色相(色み)対比とは、このように周りの色によって実際の色みとは違って見えることを指しています。

*ディスプレイによって色の見え方が違う場合があります。
*必ずしもすべての方がそう感じるわけではありません。

【パーソナルカラー】診断

では、すべての人が暗く鈍い色を身に付ければ美しく映えるか、と言えばもちろんそうではありません。ボディカラーや瞳の色・大きさも違うように、1人ひとりそれぞれに合った色調があり、パーソナルカラ―ではそれを4つの『季節』という表示で分類しています。
通常、ドレープと呼ばれる布をあてて顔映りを見て診断するものなのですが、今回は簡易版ということで簡単な質問をご用意しました。
皆さんにも楽しんでもらえたらと思います。

*見やすく漢字表記にしましたが、パーソナルカラ―はアメリカ発祥の診断のため、通常 スプリング・サマー・オータム・ウィンターと表記します。

【パーソナルカラ―】おすすめメイク

それぞれの特徴や似合わせ色は別の機会に詳しくお話させていただくとして、今回は少しだけタイプ別のおすすめメイクをご提案しますね。

スプリング

イエローベースで色白肌のスプリングタイプの方には、くすみのない明るい色が似合います。
リップやチークには黄みを感じさせるコーラルピンクやオレンジ系を、アイシャドーにはアクセントにグリーン系を乗せると、元気で若々しい印象に。
肌のツヤ感が美しい方が多いので、あまり色味で飾るよりも下地やファンデーションで素肌をきれいに整えることがおすすめです。

サマー

ほのかに血色がにじみ出るようなピンク色で、多くの方がブルーベース(ウォーム系)の肌をもつサマー。こちらは、上品な優しさをかもし出すパステル調やグレイッシュな装いが似合うタイプです。ブルー系のローズピンクのリップやラベンダー色のアイシャドーなどがしっくりと馴染みます。
指先にパステルカラーのネイルもおすすめですよ。

オータム

オータムはイエローベースの つるんとした陶器肌の方が多いタイプです。スプリングよりも深みのあるオークルが似合うオータムには、シックで深みのあるディープオレンジや少し濃いめのベージュリップが映えます。アイメイクにはカーキやモスグリーン、深いブラウンのグラデーションをどうぞ。
理知的で成熟した大人の印象がお似合いです。

ウィンター

色白で、眉や瞳がはっきりとしたシャープなイメージのウィンター。黒髪が似合う方が多いのもこのタイプです。
クール系ブルーベース肌のチークやシャドーには、ペールピンクやパープルなどの青みが入っているものがおすすめ。カーマインなどの真っ赤なリップも、原色が似合うウィンタータイプには浮かずになじみます。
アイラインやマスカラを黒で整え、凛とした美しさを楽しんでみてください。

いかがでしたか?

自分が常日頃しているメイクとの差はあったでしょうか。
うんうん、と頷かれた方もいらっしゃれば、絶対似合うはずない!と断固拒否された方もいらっしゃるかもしれませんね。
ただ、自分のやり易いメイクを「似合っている」と思いこんでやり続けてきた私にとっては、新しい自分に出会う良いきっかけとなりました。前述の部署内の女性同様 まだまだ鏡越しの違和感はぬぐえませんが、徐々に慣れて馴染んでいくことを期待しているところです(笑)

今回ご紹介したパーソナルカラーは、服飾や髪の色など、自分と接触するさまざまなものに活用できるものです。興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、まずは身近で試しやすいメイクからこっそりと実践してみてはいかがでしょうか。それぞれの詳しい内容は、また別の機会にお伝えできれば嬉しいです♡

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

*今回は本当に極ごく簡易的なアンケート的診断ですので、もちろん全ての方が当てはまるわけではないことをご了承くださいませ。

The following two tabs change content below.
中島ゆき

中島ゆき

AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー公益社団法人 日本アロマ環境協会
キラナライフ美活サポーター中島ゆきです。【AEAJ公益社団法人日本アロマ環境協会認定】アロマテラピーアドバイザー・アロマハンドセラピスト。【一般社団法人メイクセラピストジャパン認定】メイクセラピーガイド。 忙しい女性のための、楽しく簡単な耳寄り美容情報をお届けできればと思います♡ 得意分野はアロマ・食べ歩き・車に関すること、ネイルと世界遺産も大好きです。頑張る女性に多い「ストレスや悩み」の解消に、少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!