実はブラックフード!しいたけは天日干しするとビタミンDが増える!?

  • シェア
  • twitter
おはようございます。佳秀ヘルスケア研究開発担当の松木です。
前回、ブラックフードという分類についてのお話をして、日本のブラックフードである黒ごまをご紹介しました。
今回ご紹介するブラックフードは、”しいたけ”です。
しいたけは、実はブラックフードに分類される食品だったのです。
確かに黒っぽいと言われれば…
しいたけは天日干しすると栄養価がグンッと上昇することを知っていますか?
そんなしいたけと干ししいたけの違いも含め健康情報をご紹介します。

ブラックフードしいたけの基本情報

しいたけは、日本を代表するきのこの1種で、煮ても焼いても、炒めても、いろんな食べ方のできる食材ですね。
また、干すことで水分活性を低くできるので保存食品としても役に立ちます。
しいたけは鎌倉時代にはすでに知られていたほどに古い歴史があります。
当時は名前の由来でもあったシイの木に生えていたものを収穫していましたが、現在ではその他落葉広葉樹も使いながらの原木栽培の物とおがくずなどを固めて作る菌床栽培の物とが流通しています。

しいたけは、ビタミン類、ミネラル類、食滅繊維が豊富に含まれている低カロリー食材です。

食物繊維が豊富に含まれているため、腸の働きを活発にしてくれ便秘対策にもなります。
また、しいたけ特有の健康成分であるエリタデニンの働きにより、血中コレステロールの上昇を抑制したり、動脈硬化の予防が期待されています。

さらに、多糖類であるβ-グルカンは免疫力を高める働きが期待されています。

しいたけは天日干しするとビタミンDが増える!?

最近は紫外線も強くなり日に当たることを避けることが多くなりましたが、人は日の光を浴びることで体内にわずかながらビタミンDを作り出します。適度に日に当たることは重要です!
ビタミンDは体内でカルシウムの吸収を助ける成分で、骨を丈夫にするために必須の成分です。
特に女性は年齢を増すごとに女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少して、骨が弱くなり骨粗しょう症に繋がることもあります。

そして面白いことに、しいたけも日の光を浴びることでビタミンDが作られるという特徴があります。
しいたけにはエルゴステロールという成分が含まれており、この成分が紫外線を受けることでビタミンDに変わることがわかっています。
ただ乾燥しただけではビタミンDは増えず、天日干しすることでこの現象が見られます。
しいたけを食べる前に、たった1時間天日干しするだけでもビタミンD量は増えるということです。

ぜひ、カルシウムが含まれる食品と一緒に食べることをオススメします。

カルシウムの働きと含まれる食材についてはこちらをご覧ください。
カルシウム摂取量は不足している?!働きと含まれる食材

しいたけは、天日干しすることで、栄養成分が増え、保存性も上がります。
さらに、しいたけに含まれるグルタミン酸やグアニル酸などのうまみ成分も天日干しすることで酵素が働き、さらにうまみが成分が増えます。
いいことだらけですね。

さいごに

いかがだったでしょうか。
生で食べるしいたけも美味しいですが、干ししいたけもぜひ食卓に取り入れてみてください。
特に、日に当たることを避けがちな方は、しいたけに代わりに日を浴びてもらい、その恩恵を受けてみてはいかがでしょうか。

参考文献
小林正. 日光照射とビタミン D の栄養について. 衛生化学. 1985 Jun 30;31(3):156-70.
竹内敦子, 岡野登志夫, 和田知子, 須藤都, 新谷有美, 小林正. 日光照射によるシイタケ中のビタミン D_2 増量効果. ビタミン. 1991 Mar 25;65(3):121-4.

美容と健康に効果抜群のブラックフード!黒ごまのチカラ

乾燥するとなぜ日持ちする?食品の腐敗と水分活性の関係性

 

The following two tabs change content below.
matsuki_takahiro

matsuki_takahiro

佳秀工業株式会社ヘルスケア事業部・研究開発担当の松木です。美と健康を応援するブランド「GENPRESS(ジェンプレス)」では研究・開発に携わっております。大学や研究機関との共同研究の成果をもとに、高濃度・高品質なプラセンタの抽出に成功しました! 趣味はサッカー(フットサル)・自転車・天体観測・読書で、仕事とプライベートともに様々な分野に触れています。科学的な目線をもとに、皆様に分かりやすいお役立ちブログを発信していきます!

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!